ポーラスターデザイン一級建築士事務所​

 

POLARSTARDESIGN ARCHITECT OFFICE

 

 

 

acrab

​HUBのような役割を持つ、光庭をめぐる2層の回遊動線をもつ住宅。

2015年

茨城県ひたちなか市

​住宅

設計・工事監理

ポーラスターデザイン 一級建築士事務所・長澤徹

施工

株式会社いえつなぎ・宮下誠司

植栽

装景NOLA・長谷川隆明

撮影

藤本一貴

家族と猫のための平屋住宅です。

 

2方向道路と隣地通路で3方向を囲われた敷地は、通常の間取りではプライバシーを確保することが難しく、プランニングでかなり苦労しました。

 

最も利用頻度の高い道路から一番近いところに玄関を設け、あとはグラデーションとして奥に行くほどプライバシーの高さが必要とされる部屋を配置しています。

客間として和室が必要であったので、これを利用して道路側からの視線を自宅の形状で多少カットできるように考えました。

上から見ると三ツ矢サイダーのマークのような構成のプランで、三本の矢が交わる中心付近に中庭を抱えるかたちになっています。

これにたどり着いたのは一緒に住まう猫からのイメージが大きく、猫は比較的自由に家中を闊歩し、以後ごちの良い場所を見つけて過ごすそうで、高い場所、比較的暖かい場所を好むようです。

ならばと家の中心部分に高さがあり、日当たりが良く暖かい部分をつくり、そこから自由に家中行けるようになると面白いと考え、ここをHUBとしながら各部屋へつながっていく間取りにたどり着きました。

そもそもHUBという言葉を調べて見ると「車輪の中心部にあって、車輪の外周と車軸とをつなぐスポークが集中する部分・構造。」とのことで建物形状としてもまさにこの形になっています。

中庭は光庭の役割となっており室内の風抜きとなり、柔らかい反射をしながら家の奥に光を届けてくれます。

回遊する動線を平屋で計画した場合、通常廊下部分が必然的に多くできてしまうのですが、この形状の場合中心部分に回遊動線を集めることで廊下が全くないプランとなりました。

同時に猫目線で考えると、フロアレベルとは別に家具や梁の上を伝って天井レベルで回遊できる動線となっており、平屋でありながら2層の回遊動線をもつ住宅となっています。