ポーラスターデザイン一級建築士事務所​

 

POLARSTARDESIGN ARCHITECT OFFICE

 

 

 

acubens

高台で​、基本は平屋だけど

潜望鏡のように2階に上がると富士山が拝めるかたちを考える

2014年

栃木県宇都宮市

​住宅

設計

ポーラスターデザイン 一級建築士事務所・長澤徹

施工

株式会社イケダ工務店・大貫勇二

植栽

装景NOLA・長谷川隆明

撮影

富野博則・長澤徹

見晴らしの良い敷地に建つ住宅です。

北側に緑あふれる公園を背負い、南には斜面越しに遠く街並を楽しめる敷地を選択された施主に対して、どの様な計画がふさわしいか悩んだプランです。

 

当初は平屋の計画で考えていたのですが、2階からの眺望も捨てがたいと意見を頂いたので、階段とバルコニーだけを設けてみたのですが、多分これでは使わない空間になってしまうかも・・・。 施主と悩みに悩んだ結果、折角眺望がいいところに部屋をつくるんだから、毎日使う必要のある洗面と浴室を2階に上げる事にしました。(勿論あとあとリフォーム出来る保険を検討した上での提案です)

 

周囲の景観を考慮し、外観は落ち着いた色で仕上げることにして、景色がよいということを最大限に活かすために、今回は窓のかたち、サイズ、位置を徹底的に検討することでプライバシーを保ちながら開放的に暮らせる状態を目指しました。

 

家のサイズはとてもコンパクトなのですが、家の外周を大きく回れる回遊動線を設け利便性にも配慮したところ、見学会時には訪れた方々から床面積よりも随分広く感じるとの意見を頂けたことは自分にとっても新たな発見でした。

 

各部屋が行き止まりにならずに奥にも空間があり、向こう側に抜けられる、という感覚はおそらく広さの感覚にも影響してくるのではないかと思えたかたちです。

2方向が道路に接している敷地ですが、家中全ての窓を透明に出来る様に開口を設け、カーテンをある程度必要とせずに過ごせる計画とした事で、実際の床面積以上に広く開放的に過ごせる形状となったと思います。

 

工事中、大工さんから「2階で作業してたら富士山見えたよ」と、うらやましい風呂上がりが期待出来る住宅です。