ポーラスターデザイン一級建築士事務所​

 

POLARSTARDESIGN ARCHITECT OFFICE

 

 

 

algedi

​ドーナツの穴はなせ必要かを考えてみる。

2018年

栃木県大田原市

​住宅

設計・工事監理

ポーラスターデザイン 一級建築士事務所・長澤徹

施工

株式会社佐藤材木店・見目裕明

照明

大光電機株式会社・高木英敏・石田未央

植栽

装景NOLA・長谷川隆明

撮影

藤本一貴

遠くに山並みを望む平野地内の住宅地に建つ平屋住宅です。

 

分譲地を購入されたのちに私に声をかけていただき、計画がスタートしました。アウトドアにも積極的なご家族で仲良し二人姉妹が過ごすための計画です。最初の印象はずばり「ちょっと面白い家族かたち」で、住宅メーカー時代からかなりの件数をこなしているつもりの自分からしても初めての住人構成で、この点がまさにこの住宅の形状に結びつくことになっています。

 

当初から平屋の希望でもあったのですが、計画地の土地が広いことや要望されていた家の大きさが比較的コンパクトなものであったことも含めて、こちらからの提案も自然と平屋のものとなっていきました。間取りは非常に単純な「ロの字」型の住宅で、基本的にどの部屋もロの字の中心となる中庭に開いた間取りとなり、結果としてそれぞれの部屋から他の部屋を眺める際は必ず中庭越しに眺めることになっています。この中庭は、普通であれば屋内空間の間取りとして存在し得る部分ですが、今回は「空の部屋」として床と壁に囲われながら天井が抜けている半屋外空間として活躍しています。つまり屋内から屋外越しに屋内を見つめるかたちとなるのですが、中間にある屋外は常に光の状態が変化し、風が通ることで中庭の植栽が動いている状況ができあがっています。この屋外のフィルターは時に過酷に時に優しく自然環境を屋内に反映させ、ある種ドラマチックでもあります。勿論この中庭はロの字の中心部分なので、基本的にはカーテンが不要であることも大きく起因しています。

 

開口部分からの防犯と採光のバランスに注意したり、窓を開けて夜間寝ることがしにくかったりする点を考慮したり、いくつか平屋ならではの検討点があるのですが、今回は中庭を設けることで、検討点のほとんどを解決できるようなかたちとなりました。

 

今はこの「空の部屋」とも呼べる中庭で、夜な夜な縄跳び大会が開かれたり、ご主人が障害物のない天空を眺める貴重なときを過ごしています。

 

おまけですが、姉妹からは当初から要望があり、「鉄棒」「雲梯」がそれぞれ欲しいとのことでした。しっかり要望通り作りつつ、将来的に布団干しと室内物干しに使えるようにも設計されているんです。