ポーラスターデザイン一級建築士事務所​

 

POLARSTARDESIGN ARCHITECT OFFICE

 

 

 

alrescha

ローコストで愛着のわく貸家のかたちを考える。

2015年

東京都府中市

​賃貸住宅

設計・監理

ポーラスターデザイン 一級建築士事務所・長澤徹

施工

株式会社宮嶋工務店・宮嶋強一

植栽

装景NOLA・長谷川隆明

撮影

長澤徹

賃貸住宅の計画です。

貸家2棟と2戸が入る長屋1棟の計3棟を建築しました。法規制が厳しく低層の建物しか計画できないのですが、近隣は住宅地、後から計画した賃貸住宅が威張るように大きくてもバランスが悪いですし、賃貸住宅なので収支から予算も決まりがあるのですが、そこを逆手にとって考えコンパクトでローコストに抑えた形としました。

 

サイコロ状の箱型建物が何気なく置かれたようなこのエリアは、賃貸ですが積極的に緑化も行い、庭も配置し住む人はもちろん近隣の方々に親しみを持っていただけるような場所となっています。天井高も最低限に抑え、同時に吹き抜けをもうけながらメリハリをつけ、同時に明るさと風通しを確保し、小さいながらも広がりを感じれる間取りを構成しました。外内装はコストダウンと意匠を同時に検討し、外壁にはガルバリウム鋼板の素材をそのまま使う納まりを用い、内装2階床材がそのまま1階天井として現されるようにして、素材をありのままに用いながら形を構成しました。

​もちろんコストダウンの目的もあるのですが、3棟それぞれ違った間取りはどれも最小限の形を目指しています。

 

1棟ですと近隣からも浮いて見えてしまうこの様な住宅も、数棟重なることでリズム感のある愛らしいものとなったと思います。