ポーラスターデザイン一級建築士事務所​

 

POLARSTARDESIGN ARCHITECT OFFICE

 

 

 

sadachbia

段差によって視点の高さを揃えた住まい方を考える。

2015年

栃木県宇都宮市

​住宅

設計

ポーラスターデザイン 一級建築士事務所・長澤徹

施工

株式会社イケダ工務店・大貫勇二

植栽

装景NOLA・長谷川隆明

撮影

富野博則・長澤徹

住宅地に立つ2階建てのおうちです。

周りを家に囲まれているのですが、更地だった敷地に立ってよくよく見てみると、近隣の住宅の窓や視線を回避しながら開放的に過ごせるイメージができたので、今回はそのイメージをゾーニングに落とし込んでみました。とはいえ、実はヒアリングの当初から僕にはなかなか理解できないことがありました。

他の現場の見学会で奥様から段差のある家を見る度に「なんか段差がいい!いいな〜」という感想を頂いていたのですが、なぜいいのかは分からないままだったのです。

ただ、これがこの家の要望であると思い検討してみました。段差のある状態がいい、というのは段差を見て楽しむのではなく、段差を通過した時の視線や視界の上下動による変化こそが醍醐味ではないかと 打ち合わせを重ねながら奥様の反応で分かってきました。

通常の間取りに段差を与えながらそこを通過するような動線をつくり、上ったり下りたりを日常的に行える。それによって視界の変化が楽しめることを目指し、同時に、その段差を別のことにも活かしてみようと、キッチンとダイニングを大きな一枚の板で構成し、何段もの段差を利用してそのカウンターを 座卓、テーブル、キッチンカウンターとポジションの違う各場所で使いながら、最終的に皆の視点の高さがほぼ同じになるというアイデアでこの住宅はできています。

 

カウンターはあたかも温泉の水面のようで、水面に潜っていきながら落ち着いてしまうと、ぼーっとくつろげる。そしてまた、温泉からあがって活動的に過ごしてもらうための回遊動線をもった住宅です。