ポーラスターデザイン一級建築士事務所​

 

POLARSTARDESIGN ARCHITECT OFFICE

 

 

 

sadalsuud

自宅で自宅を囲うかたちを考える。

2014年

栃木県真岡市

​住宅

設計

ポーラスターデザイン 一級建築士事務所・長澤徹

施工

株式会社イケダ工務店・吉田重喜

植栽

装景NOLA・長谷川隆明

撮影

藤岡優介・長澤徹

敷地周辺はまだ緑が残る環境ながら、比較的新しく住宅も増えはじめた場所での計画です。

 

施主からは近隣からの視線が気にならない様に、周りからある程度閉じていることと、家の中に入ると間仕切りや廊下が少ない、開放的な間取りであることを要望いただきました。

 

上記の様な内容に応えようとした場合のプランニングとして、中庭型のコートハウスが施主の要望に合致している様に思い打ち合わせがスタートしました。基本的に平屋が希望だったのですが、敷地の大きさ上、車を必要台数配置すると、どうしても平屋ではすべてがおさまらず、2階は小屋裏とし子供部屋にすることとなり、メインとなる中庭を囲う様に部屋を配置して間取りを構成していきました。中庭は見せる、同時に見えても良い中庭をつくるために、裏方となるサービスヤードを西側に用意し物干し等に活用することを提案しました。玄関からリビングまで仕切りのない開放的な連続空間とし、玄関から中庭へもアクセスできる様にしたり、 廊下がほぼ全くない効率的な間取りとなっています。

 

外観的にも小屋裏を作るために矩勾配の屋根とし、中庭を挟んで建物が向かい合う様に配置することで 南北に長い敷地に2棟の家が寄り添っている様なかたちとなりました。