ポーラスターデザイン一級建築士事務所​

 

POLARSTARDESIGN ARCHITECT OFFICE

 

 

 

sadaltager

​方位性を失うことのできるコートハウスの作り方を考える。

2016年

栃木県宇都宮市

​住宅

設計

ポーラスターデザイン 一級建築士事務所・長澤徹

施工

株式会社イケダ工務店・大貫勇二

植栽

装景NOLA・長谷川隆明

撮影

富野博則・長澤徹

この家は「普通のコートハウス」を目指して作成しました。

すべての居室が中庭に向かい、中庭面が全面開口となる基本的なプランです。外側を囲うことでプライバシーが保たれ(カーテンの役割が外部のルーバーの位置に移動することで)内側のウィンドウトリートメントが不要になるだけの単純な仕組みです。ルーバーを縦格子とすることで見えていい部分と見せたくない部分のコントロールを間取りと合わせ行っています。

 

このプランの主役は屋外(庭)にあります。家の中は常に動きはありませんが、屋外は光や風によって常に変化し、どちらが気持ち良いかは明らかです。そのため、住宅としてはいかに屋外に視線を移動させるかのみ注力すればこの家は完成に近づきます。

上記を踏まえ、天井、壁、床を構成し、結果として間接照明を用いる形になりました。

 

今回は二つの中庭を設けました。同じサイズなのですが、同じサイズに決して見えないことは自分にとっても良い発見でした。いつもは回遊動線にこだわって作っており、今回は平面プランが先行し回遊にはならなかった、と個人的に思い込んでいたのですが、よく見てみたら浴室とトイレ以外玄関や子供部屋を含めて全ての部屋が行き止まりにならない形であったことを先日発見し、自分の無意識な頑固さに呆れました。

同時にプランの末端で小さく回転するだけでも閉塞感はなくなり、通り抜けできるという思い込みだけで安心できる間取りであったと思います。廊下は最小限に、ちょっと出来てしまった廊下も和室の広縁代わりに、と余すところなく広さを使いきりました。

 

コートハウスの真骨頂は方位性を失えるところだと思っています。これはこのプランがどういう角度で回転しても(南北が逆になっても、東西と南北が入れ違っても)成立する間取りだと思うのですが、初期の段階からここだけは意識しながら作ったプランです。

方位性を失う、ということは同時に部屋ごとのヒエラルキーというか重さ感覚も無くなった方が回転した時にも成立しやくすなることから、各部屋には同じ重さの力を与えているつもりです。これは感覚的なものですが、見学会で来客にリビングで説明できる量と子供室や寝室や水回りでの説明量がなるべく同じになるくらい負荷を与えているという作り方です。

 

なので、施主のライフスタイルや要望に基本は合わせていますが、部屋のヒエラルキーを平滑にする目的上、ロフトは必要であって、寝室も和室であるべきで、洗面も開放的であるべきと思い結果としてこのような家になりました 。