ポーラスターデザイン一級建築士事務所​

 

POLARSTARDESIGN ARCHITECT OFFICE

 

 

 

skat

8の字状に間取りの外周を​回遊性のある通路とする事で

ヒエラルキーの差の少ない間取りとなることを考える。

2015年

栃木県宇都宮市

​住宅

設計

ポーラスターデザイン 一級建築士事務所・長澤徹

施工

株式会社イケダ工務店・大貫勇二

植栽

装景NOLA・長谷川隆明

撮影

富野博則・長澤徹

得意としている平屋の計画です。

子供が走りまわり、風通しの良い空間を要望いただきました。

同時にビルトインガレージとロフトの要望もあり、面積が大きくなることから、コストコントロールを含めた素材選びなどにも取り組んだ住宅です。

「別の素材のふりをしているものは使わない、素材を素直に利用する」というルールを決め、施主と内外装を選び、素朴ながらも純粋な仕上げを持ったかたちとしました。

 

間取りはリビングの北側に個室である子供室と和室を配置しながら、小屋裏空間を設けて空間をつなぎ、空気環境としてはさらに北側のフリースペースまで家全体が一体となっています。開放的リビングと対照的に、子供部屋と和室は小屋の内側に配置された小箱のような落ち着きがあります。この全ての空間は床付近に設けた通常のエアコンによる空調によって室温がコントロールされており、冬でも廊下まで含めて均質な心地よさを体験できるように計画されています。このプランもいつも通り回遊動線を設け、行き止まりのない楽しいかたちとしているのですが、今回は家の中に回遊動線が大きく二つ存在し、洗面などの家事動線まで巻き込んだ、いわば8の字のような動線計画となっています。

 

見学会の時にも子供が思わず走り出し鬼ごっこが始まっていましたが、まさにそれは正しい使われ方でした。通過されることでどの部屋にも均等に人が出入りし、同時に風が通り、体の中を血液が流れるように家の中を住人が歩き回る。

 

そうやって仲間はずれなくどの部屋も自由に使われていく、こういう平屋のプランの良さは部屋ごとのヒエラルキーの差が少ないことにあると思いました。